お盆休みで、のほほんと過ごす日曜日。

なんだかTVも微妙だなぁなんて思っていた。

たまたまCSの映画チャンネルで「ロッキー4」がやっていた。

字幕だったけど、ストーリーも台詞もだいたい知ってる。

アポロがドラゴにエキシビションで殴り殺される。

当時の、アメリカとソビエトの関係なんかも考えながら観ると実に複雑だ。

雪のロシアで厳しいトレーニングを積むロッキー。

最新鋭(当時の)の施設で、化学的トレーニングを積むドラゴ。

対照的な二人。

試合が始まっても、二人の台詞は対照的。

強烈なパンチを浴びせても倒れないロッキーに「人間じゃない…」と呟くドラゴ。

パンチが効き流血したドラゴを見て「あいつも人間だ!」とロッキーに言い聞かせるセコンド。

切手買取で試合が進むにつれて、完全にアウェイだったロッキーへの声援が増えていく。

最終ラウンドは、会場の声と一緒になって心が叫んでいる。